岸田真理子公式サイト「金星美術館」のblog、“準備室だより”です。作品展のスケジュールなどをお届けします。
サイト運営担当のyamamomoが作品に感じたことや引き出されたことなどを、“見る側”のひとりとして書いたりもしています。

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
記事のテーマ
以前の記事
コメント
                               
<< 「空のバラ」(銅版画) | main | 「風生ずる」(銅版画) >>
「花と鳥のあけてくれる道」(ペインティング)
昨年4月、広島県福山市・松永教会での「森へ」展で発表された作品です。



     花と鳥のあけてくれる道
 
     岸田真理子 ペインティング「花と鳥のあけてくれる道」 



花と、鳥。

ただ無心に生きている、ちいさなその姿がその声が、うつくしいものたち。
無数に仲間を持ちながら、ひとつひとつのどれもが、世界でいちばんうつくしく在ることができるものたち。

あのように無心に生きたいと、すべてをただ生きることだけに注ぐものになりたいと、願って叶わずそれでも花と鳥のあとをついて行く。

花と鳥が、道をくれるのです。





[writer:yamamomo]
| 作品のこと|ペインティング | 23:38 | comments(2) | - |
コメント
tsuguさん

詩人といわれてコメント公開をためらっておりました。
と言うのはうそ(笑)で、突然の暑さについて行けずにいささか熱中症気味でございます。

tsuguさんはこの夏(いや、まだ夏じゃないか)もお元気ですねぇ。
| 受付係yamamomo | 2011/06/29 1:29 PM |
方や画家、此方詩人。
どっちもめっちゃすばらしい。
| tsugu | 2011/06/21 6:38 PM |
コメントする