岸田真理子公式サイト「金星美術館」のblog、“準備室だより”です。作品展のスケジュールなどをお届けします。
サイト運営担当のyamamomoが作品に感じたことや引き出されたことなどを、“見る側”のひとりとして書いたりもしています。

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
記事のテーマ
以前の記事
コメント
                               
<< Fabrileさんチャリティーフェアーへの岸田さんのことば | main | 「オレンジ山」(銅版画) >>
「ぶどうの赤ちゃん ベイビーピオーネ」(銅版画)
あれよあれよという間に、4月も最後の一日。

空き地にも、庭先にも、土手にも畦道にも花がいっぱいなのは気づいていたけれど、足をとめるタイミングをのがしてばかり・・・たまには、そういう春もあるのでしょう。



  岸田真理子 銅版画「ぶどうの赤ちゃん ベイビーピオーネ」 

    Special Thanks to: Ikezaki Tsuguhito



今日は久しぶりに、散歩をしました。

川沿いの道を歩くと、あたたまって軽い音を立てる水の中で鯉(野生のものです)や鮒が群れて泳いでいて、畑の間を走る線路には、両側からあかるい緑の小さな葉をちりばめたような枝が張りだしていて、どこもかしこも春の中でした。

水の中しか知らない魚たちも、散歩に行けない草や木や花も、それに、ハウスの中のぶどうの木も――みんなちゃんと、世界が春なのを知っているのです。



[writer:yamamomo]
| 作品のこと|銅版画 | 23:33 | comments(0) | - |
コメント
コメントする