岸田真理子公式サイト「金星美術館」のblog、“準備室だより”です。作品展のスケジュールなどをお届けします。
サイト運営担当のyamamomoが作品に感じたことや引き出されたことなどを、“見る側”のひとりとして書いたりもしています。

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
記事のテーマ
以前の記事
コメント
                               
<< 2011年の作品展について | main | 祈りと希望のチャリティーフェアー at Gallery Fabrile >>
「泉」
公式サイトTOPページの作品をかえました。



 「泉」 

 岸田真理子「泉」 

   Special Thanks to: Ikezaki Tsuguhito



更新作業をしたのが一週間も前なので(すみません)、すでにご覧になっている方もいらっしゃるかもしれません。準備室の投稿カテゴリの都合で「ドローイング」に分類しました。



泉。水が、地表に湧き出してくるところ。

降りそそいだ雨が土を湿らせ、ゆっくりと深くしみこみ、一滴一滴が集まりながら、やがてひとつの流れになります。
空から落ちてきたときにしずくを受け止めた葉っぱの記憶や、地中深くの化石から聞いたものがたりを無数に集めて、流れはある日、地上へ。
小さなしずくの集まりは、緑を繁らせ生きものの体をうるおす、いのちの源になります。

無言で受け継がれる記憶、ものがたり、そこにうかぶ思い。

果てることなく確かに続いていくものを、重なりあうほど澄んでいく何かを、自分の細胞の中にも感じるような、水の姿の絵です。



[writer:yamamomo]
| 作品のこと|ドローイング | 23:54 | comments(2) | - |
コメント
tsuguさん

この絵はわたしも原画を見ていますが、いつものことながら文章を添えてよかったのかどうかと・・・
ここではじめてご覧になる方が、間違っても作品解説だと思われませんように。

tsuguさんが見てくださってると思うと、いい意味で緊張感があります。おかげさまで出しゃばりすぎずにすんでいる、と本人は信じております。
| 受付係yamamomo | 2011/03/29 1:13 AM |
岸田さんの作品は、ワタシのほうが一足先に見て楽しんでおります。
で、ここで再び出会うことになります。
いつもいつも作品に添えられる文章を楽しみにしております。
ワタシにとって、ここでの主役は、ももさんの文章ということになります。

「・・・地中深くの化石から聞いたものがたり・・・」ですか。はあ〜・・・
| tsugu | 2011/03/28 10:46 PM |
コメントする