岸田真理子公式サイト「金星美術館」のblog、“準備室だより”です。作品展のスケジュールなどをお届けします。
サイト運営担当のyamamomoが作品に感じたことや引き出されたことなどを、“見る側”のひとりとして書いたりもしています。

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
記事のテーマ
以前の記事
コメント
                               
<< 「Morning Forest」(銅版画) | main | 「月下水下」(銅版画) >>
「Promise Blue」の作品を増やしました
企画展示室|ドローイング#01「Promise BLUE」に6作品を追加しました。



  岸田真理子「promise blue」より 

   Special Thanks to: Ikezaki Tsuguhito



今日の画像は、その6つのうちのひとつ。
tsuguさんからデータをいただいて(いつも深謝です)、追加したいと思っていたのがやっとできました。
あたらしいものはこれまでアップしていた作品の冒頭に追加したので、スライドの初めに表示されます。あらためておたのしみいただければ。

たいへん主観的なことを申しますが・・・青って、見る者の内側へ浸みてくる色だと思います。そして、そこに留まる色ではないかと。
自分なりにそう思う理由を説明することはできるのかもしれませんが、ただそんなふうに感じるのだと言うだけにしておいたほうがいいように思います。
内側にいくつもの青を持っている。ひとつひとつの青に、約束がある。

ヒトがいちばん最初に名前をつけたのは、青ではなかったか――岸田真理子さんの「Promise Blue」シリーズを見ていると、そんな気がしてくるのです。


[writer:yamamomo]
| 作品のこと|ドローイング | 21:52 | comments(0) | - |
コメント
コメントする