岸田真理子公式サイト「金星美術館」のblog、“準備室だより”です。作品展のスケジュールなどをお届けします。
サイト運営担当のyamamomoが作品に感じたことや引き出されたことなどを、“見る側”のひとりとして書いたりもしています。

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
記事のテーマ
以前の記事
コメント
                               
<< 岸田真理子さん自身が語る『メゾン望郷』 | main | 「この世界への恋文」展のこと その1/2007年7月 海月文庫 >>
オブジェ月間の最後に 〜いろいろ8点〜
10月はオブジェのお話と決まってから、これとこれはぜったいご紹介したいと思っていたものがあるのですが・・・たくさん残してしまいました。
最終日の今日は、その中でもこれだけは、と思う8点をご覧いただくことにします。
*11月は↓↓次の展覧会↓↓に絡めて版画をテーマにする予定。


詩と版画がもたらしたモノ
8人による自由な表現

2009年11/19(木)〜11/24(火)
11:00〜19:00*最終日は17時まで
at:海月文庫(くらげぶんこ) アートスペース
*詳しい情報はこちらからどうぞ*



8点も一度にアップは、めったにしませんよ(笑)
作品展に行ったようなつもりで、ゆっくりご覧ください。今日は私、黙っておりますので。
画像はすべて、岸田真理子さん本人撮影の写真をスキャニングしています。

 ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

左から
「結晶片岩的」/「西風に吹かれて」/「銀の光と金の影」

 



 
「月船」

 




「月と宇宙」(部分)

 
 (エッチングをコラージュ ほか)




「夢のつめ跡」

 
 (エッチングに彩色、流木、砂 ほか)




「眠り」

 
 (陶、ぼだい樹の葉)




「土に還る」

 
 (陶、かたつむりの殻)


 ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・


満喫していただけたでしょうか。

岸田真理子さんからの速報ですが、来年3月に京都での個展が決まったそうですよ!  もう少し詳細分かりましたら、正式に告知しますので楽しみにお待ちくださいね。


| 作品のこと|オブジェ | 23:53 | comments(0) | - |
コメント
コメントする