岸田真理子公式サイト「金星美術館」のblog、“準備室だより”です。作品展のスケジュールなどをお届けします。
サイト運営担当のyamamomoが作品に感じたことや引き出されたことなどを、“見る側”のひとりとして書いたりもしています。

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
記事のテーマ
以前の記事
コメント
                               
<< メゾン望郷、再訪。 | main | 「詩と版画がもたらしたモノ 8人による自由な表現」 >>
金星美術館分室 オブジェroomのこと・その8(ひとまず最終回)
↓ オブジェ展、本日最終日です。 ↓


 メゾン望郷  岸田真理子 オブジェの世界
  2009.10.1(木)〜27(火)
   at:雑貨★ギャラリー オソブランコ http://www.osoblanco.jp/
   詳しい情報はこちらからどうぞ



“オブジェ月間”、最終週に入りました。尾道の「オブジェroom」のお話も、ひとまず今日が最終回ということにいたします。

前回の記事からさらに体を右へまわすと、こんな光景。

  

こちらの壁面は特に、保護のためのセロハンをかけたまま展示された作品が多いですが、それでも流木など「自然のもの」がたくさんあるのはお分かりいただけますね。

この部屋に入りまず圧倒され、少しずつ落ち着きを取り戻しながら私は「オブジェroom」の空気は博物館を連想させる。どうしてだろう?と考えていました。

その理由はたぶん、ここに居るとたくさんの“時間”に触れているように感じるからなのだと思います。

時間。実在するものにとって、最も現実的な要素のひとつです。

それを表現として創り出されたものから感じるのですが、日常の実生活の中で自分を取り巻いている時間より、岸田真理子さんのオブジェ作品の持つ“時間”のほうが、ずっとリアルに響いてくるようでした。


中央左寄りに写っている作品です。

「眠りの蒸気」

  

  (流木、かたつむりの殻、ガラス、漆、その他)


今のところ非公開の「オブジェroom」。

ここに納められている作品たちを、たくさんの方が見られる機会があればいいなあと思います。相当に広い展示スペースが必要ですが(笑)

| 「オブジェroom」のこと | 08:30 | comments(0) | - |
コメント
コメントする