岸田真理子公式サイト「金星美術館」のblog、“準備室だより”です。作品展のスケジュールなどをお届けします。
サイト運営担当のyamamomoが作品に感じたことや引き出されたことなどを、“見る側”のひとりとして書いたりもしています。

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
記事のテーマ
以前の記事
コメント
                               
<< 「夜の森」と「森の家」 〜メゾン望郷から〜 | main | 「植物時間」と「生物時間」と「惑星時間」〜銅板画のオブジェ〜 >>
金星美術館分室 オブジェroomのこと・その5

これまでのオブジェroomの画像を見て、銅板画の作品を使ったオブジェがあるのに気づいた方がいらっしゃると思います。



 メゾン望郷  岸田真理子 オブジェの世界
  2009.10.1(木)〜27(火)
   at:雑貨★ギャラリー オソブランコ http://www.osoblanco.jp/
   詳しい情報はこちらからどうぞ



こちらも、そのひとつ。
オブジェroomに展示されているなかでは、いちばん大きな作品です。

「向こう側の町」

   


銅板画がデコパージュのように重ねられています(ピンぼけですみません・・・)。

   


「メゾン望郷」にも、銅板画を使ったオブジェがいろいろ行っています。
こちらは昨日に引き続きtsuguさん撮影の画像。

「細胞の家」

    

    PHOTO by Ikezaki Tsuguhito

10月4日にお話しした、BOXの作品のひとつです。
箱のひとつひとつに付いた作品タイトルが、部屋の名前のようでした。順繰りに扉を開けていくように、ゆっくりと巡ってみてください。

| 「オブジェroom」のこと | 23:53 | comments(0) | - |
コメント
コメントする