岸田真理子公式サイト「金星美術館」のblog、“準備室だより”です。作品展のスケジュールなどをお届けします。
サイト運営担当のyamamomoが作品に感じたことや引き出されたことなどを、“見る側”のひとりとして書いたりもしています。

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
記事のテーマ
以前の記事
コメント
                               
<< 尾道と岸田真理子さん 《個展「メゾン望郷」を前に》 | main | 金星美術館分室 オブジェroomのこと・その2(「メゾン望郷」はじまりました) >>
金星美術館分室 オブジェroom のこと《個展「メゾン望郷」を前に》


明日から、10月。
明日から、オブジェ展がはじまります。


 メゾン望郷  岸田真理子 オブジェの世界
  2009.10.1(木)〜27(火)
   at:雑貨★ギャラリー オソブランコ http://www.osoblanco.jp/
   詳しい情報はこちらからどうぞ



タイトルに「メゾン」とあります。
“家”というテーマでつながるオブジェを展示されるのだと聞いています。

ここではいつも、岸田真理子さんのことを“絵描きさん”と書いていますよね。それはまちがいないのですが、絵画作品以外のものもたくさん作られています。

今年、その作品たちはちゃんとひとつの場所に集めて展示しようというお話が自然発生的に持ち上がり、尾道にオブジェ展示専用の「金星美術館分室」が生まれました(場所は今のところ非公開です。ごめんなさい)。

「準備室だより」で様子をご紹介できたらと思った私は、先日Petit Pointさんに行ったときに「分室」へ案内していただいたのです。

「たくさんある」ことは岸田さんご本人からも聞いていました。
自分の目でも、かなりの数を見てきました。

でも・・・私がそこで目にしたのは、あまりにも夥しい数!
足を踏み入れた瞬間に、全貌を把握することを放棄してしまったくらい。

たとえば陶の作品は腕のある方が撮影するとこんな感じですが

 

 

 

   以上3点すべて:PHOTO by Ikezaki Tsuguhito

それらがこんな具合に・・・

 

 

以上2点は受付係撮影なので“所狭しと”な感じしか出ていませんが、棚に、箱の中に、とても一日では見きれないほど納められていました
(もちろん陶以外のオブジェもありますが、少しずつお話していきますね)。


私は今まで、絵画作品と同じ空間でしか立体作品を見ていませんでした。
オブジェだけの空間はここ「分室」が初めてです。

作品に込められたものは平面でも立体でも変わらない。
けれど、立体として自分と同じ空間に存在しているということが、平面作品とは別の感覚を呼び覚ますものなのかもしれません。
分室で過ごした短い時間、そんなことを感じていました。

明日からの「メゾン望郷」も、立体作品の空間。
何が待っているのでしょう。

 ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

 [お詫びと訂正]
 9月23日の投稿中に、誤りがありました。
 「樹の花たば」のことばの1行目を“女神が 植物を”としていましたが
 正しくは“女神が 樹々を”です。 お詫びして訂正いたします。

| 「オブジェroom」のこと | 23:49 | comments(0) | - |
コメント
コメントする