岸田真理子公式サイト「金星美術館」のblog、“準備室だより”です。作品展のスケジュールなどをお届けします。
サイト運営担当のyamamomoが作品に感じたことや引き出されたことなどを、“見る側”のひとりとして書いたりもしています。

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
記事のテーマ
以前の記事
コメント
                               
<< 水彩のシリーズ作品(2009年)より 〈その7〉 | main | 「Promise Blue」シリーズより >>
grass-glass






この作品と同じ版が使われています。
4月、神戸元町での展覧会に行った方はご記憶でしょう。

岸田さんは版画に限らず、作品をカットして新しい作品をたくさん作られます。「もったいない!」という人も当然いて、私もはじめはそう思いました。

けれど、作品には作品のいのちがある。ということは、変わったり交わって新しいいのちになったりするのも、ごく自然なこと・・・生まれたものを見れば、それが分かります。

| 作品のこと|オブジェ | 22:20 | comments(0) | - |
コメント
コメントする