岸田真理子公式サイト「金星美術館」のblog、“準備室だより”です。作品展のスケジュールなどをお届けします。
サイト運営担当のyamamomoが作品に感じたことや引き出されたことなどを、“見る側”のひとりとして書いたりもしています。

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< April 2010 >>
記事のテーマ
以前の記事
コメント
                               
「森へ」展へ行ってきました[その2]
↓ 広島で2つの個展とグループ展、開催中。ぜひお運びを 
岸田真理子 作品展 〜桜〜
 2010年4/1(木)〜4/30(金)

 9:00〜18:00  *月曜休み*
 at:ギャラリーカフェ Petit Point(プチポワン) 〈詳細はこちらから〉

岸田真理子 作品展 〜森へ〜

  2010年4/18(日)〜4/24(土)
まで!!
 13:00〜17:00  *初日のみ15:00会場です*
 at:日本キリスト教団 松永教会 〈詳細はこちらから〉
 
グループ展「桃の咲く頃」 25日までです。
※主催の木工房かくれんぼさんへジャンプします


 [
5月は奈良で個展があります


前回に引き続き、「森へ」展のお話。


18日(日):「森へ」 〜牧師先生のお話と、“約束の森”

わたしが松永教会へお伺いした「森へ」展の初日、松永教会牧師の吉仲先生が、この礼拝堂での美術展にあたってお話をしてくださいました。

プロテスタントの信者ではない方がたくさんいましたので、キリスト教についてではなく誰にとっても分かりやすい内容でお話しくださったのですが、すばらしい礼拝堂ができた経緯とともに、十字架についても触れられました。

それは、キリスト教会に必ずある十字架は、人の救いのために苦しみを受けたイエスの十字架であると同時に「和解」を象徴するものでもある、というお話でした。

縦の線は“天と地”(神と人)、横の線は“地平”(生きものたちの世界)で、それが交わることすなわち共に生きること、「和解」なのです、という吉仲先生のことばをわたしの隣で聞いていた岸田真理子さんは、あとで「わたしってクリスチャン?」と感慨深そうに漏らしました。


岸田さんの2006年の作品に「約束の森」というシリーズがあります。


「約束の森」シリーズ(2006年)より(個人蔵)
岸田真理子“約束の森”シリーズより
 ※“約束の森”シリーズは、今回の作品展には出品されていません


このシリーズに添えて、次のようなことばが記されています。

  天と地の交わるところ
  天と地の契りの場
         ――森

岸田さんの作品が生まれてくるところを象徴するようなことばです。
ここに込められた意味と、吉仲先生のお話があまりにぴたりと重なったので、前の「わたしってクリスチャン?」ということばが出たのです。


吉仲先生は、“約束の森”シリーズをご存じありません。

岸田さんはクリスチャンではなく、“約束の森”を発表した2006年には、4年後に礼拝堂で個展をすることになるとは夢にも思っていませんでした。制作時にも、信仰のことは意識にありませんでした。

これ以上お祈りにふさわしい場所はないと思われる松永教会を設計された建築家の杉原一正さんも、クリスチャンではありません。

そして、2009年開堂の松永教会と岸田真理子さんを結びつけたのは、杉原さんです。
杉原さんがご自分で所蔵していた岸田さんの作品を、この場所にふさわしいから、と松永教会に寄贈されたことは以前にもお話ししましたね。

それがどんな作品かは、先日までわたしも知りませんでした。
岸田さんの絵なら、どれが教会にあってもごく自然に映るだろうなと思いつつ、どんな絵か見られることも楽しみにしていたのですが・・・


入り口を入ってすぐ、高いところに掛けられている小さな額の中に見つけたその作品は、“約束の森”シリーズのひとつ――中でもいちばんシンプルなもの――だったのです。


吉仲先生のお話で、別々のとき・別々の場所であったできごとや出会い、それぞれの思いや、何もかもがひとつの線でむすばれたのでした。

だから岸田さんの絵は宗教的だとか、深いとか、そんなことを言いたいわけではありません。
ただ、生の心と体をもってそれぞれに生きている人たちの現実や、長い長い時間ヒトが織りあげてきた思いと同じところに、岸田さんの作品も属しているのだとはっきり感じたことを、その場にいた者として記しておきたいと思いました。


会期は、あと2日しかありません。
どうか、ひとりでも多くの方に“森”を訪れていただきたいです。




[writer:yamamomo]
| 作品展に行ってきました | 22:49 | comments(0) | - |
                                         
| 1/1PAGES |