岸田真理子公式サイト「金星美術館」のblog、“準備室だより”です。作品展のスケジュールなどをお届けします。
サイト運営担当のyamamomoが作品に感じたことや引き出されたことなどを、“見る側”のひとりとして書いたりもしています。

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
記事のテーマ
以前の記事
コメント
                               
「山の実」(スチレン版画)
2007年の七夕に限定10部で発行された詩と版画集「この世界への恋文」から。



 山の実


 岸田真理子 スチレン版画「山の実」



           山の実

       すもも やまももの路
       よく すべる
       ゆだんならない 紅い路
       小鳥と競って もいではみるが
       すっぱいやまもも ゆだんならん
       まっかな食べ頃 喜んでみたが
       すももは 虫の穴だらけ
       すもも やまももの路
       よい 香り
       キチキチ ジクジク 紅い路


                岸田真理子




“ゆだんならない 紅い路”は、きっとアトリエ近くの、お山のどこか。

すもも・やまももは四国の風土と合うのか、こちらではよく育つようです。
特にやまももは、ほんとうにいたるところにあって、わたしyamamomoの住んでいるアパートの敷地にも、1本立っています。華やかさとは縁遠いような姿の常緑樹なのですが、実を結ぶ今の季節だけは周りの地面をやまもも色に染めて、まさしく今日の作品のような感じになります。

今年の春のこと。
そういえばやまももの花ってどんな風だか知らない、と気がついてアパートの木を見てみました。緑の葉っぱの中をのぞきこむようにすると、これが花かとあきれるくらいに地味でささやかな花が咲いていた。
それが暖かくなると、緑の丸い実をぎっしりと結び、雨降りの続く中みるみるうちに熟れていきました。

この果実、“食べられるけれどわざわざ食べるものではない”類のものだと思っていたのですが、先日こちらで、稀にデパートで売られていることもある、と知ってびっくり(調べて見たら食用・加工用の栽培品種があるのだそうです)。
yamamomoを名乗っているわたしですから、これは食べとかなあかんやろ、ということで初の“共食い”に挑戦することに。

かたまって熟れている実のひとつをつまんで少し指先に力を入れると・・・そのひと粒が枝から離れるのと同時に、まわりの実もぱっとはじけるように落ちました。
土にあたって、少し湿ったようなぽろぽろっという音がした。


そうだったのか。

紅い路、あれは自然の落果だけでできているんじゃないんだ。
鳥がやってきてついばむ度、さるが手をのばす度、あの“ぽろぽろっ”という音がそっと響いているんだ――そう気がついてから、「山の実」を見ると、音もわかるようになりました。


遠く近く、月の夜に朝日の前に、ぽろぽろ・ぽろぽろ・ぽろぽろ・・・。





鳥のまねをしているような気持ちで口にふくんだやまももの実は、あまずっぱくてかすかに渋みがあって、はじめてなのによく知っている味でした。




[writer:yamamomo]
| 作品のこと|スチレン版画 | 23:47 | comments(2) | - |
「山の夜」(スチレン版画に彩色)
これで“3回”続けての、3回目です。



 山の夜


 岸田真理子 スチレン版画「山の夜」

 
 2003年/47×32cm



前々回に、3点続けてご紹介するわけは見ていただければ分かるはず・・・ということを書いたのですが、モニタやブラウザなんかの環境によっては、もしかしたら分かりづらいかもしれないですよね。

念のためご説明。スチレン版画の、版が共通なんです。

岸田さんの作品を見るときに、こういう種明かし的なことは必要ないと思っています。
それぞれがひとつの絵として成り立ってますし、気がついた人が気づかない人より深く入っていけるかというと、必ずしもそうとは言えないので。

ですが、今度の3点――「水脈」と「私達」と「山の夜」は、描かれているつながりや交わりや流れのそれぞれを、どこかで重ねながら見ていただくのがいいように思えたものですから、ちょっとばかり出しゃばってみました。

あらためて3つの絵の世界を行ったり来たり、無心にめぐってみてください。




[writer:yamamomo]
| 作品のこと|スチレン版画 | 23:57 | comments(0) | - |
「私達」(スチレン版画に彩色)
どなたのお手元にあるのか存じませんが、個人蔵の作品です。



 私達

 岸田真理子 スチレン版画「私達」

 
 2003年/40×30cm[個人蔵]



描かれている季節は少しばかり前、ですね。
寄りそって立つ樹と樹が何組か。

この頃は・・・戸外がとても心地よくて、目に入るいろいろが親しげに映ります(もちろんヒトには、そういう朗らかさにとまどったりすることだって、あるのですが)。

あの心地よさ――世界と自分がしっくり一体になっているような、何一つまちがったことなどないような感じ――が、そのまま絵の中にあるみたいです。

ああそうか、“私達”ってああいうことかな、誰もがずっと“私達”でいられたらいいな、と思います。私と、あなたと、あなたたちと、ひと続きに満たされて“私達”。


[writer:yamamomo]
| 作品のこと|スチレン版画 | 23:53 | comments(0) | - |
「水脈」(スチレン版画に彩色)
今日から3回は、スチレン版画の作品をご紹介しようと思います。
どうして「3回」なのかは、最後の投稿でお分かりいただける・・・はず。



 水脈

 岸田真理子 スチレン版画「水脈」
 
 2003年/45×30cm



水でつながっている世界のことを思います。

ちいさなせせらぎ、大きな河、流れこんで池、湖、海。
地下水。地表からしみこんで行く雨。植物の体の中をめぐる水。

水でつながって、世界はひとつの生きものになっている。


岸田さんの絵を見ていると、自然に“もっと感じようと”します。
(↑ちょっと日本語がおかしいですが、でもこれがいちばんそのままの言い方に思えるので、このままにさせてください)
そうして、感じることではじめて、自分も世界に含まれるような気がします。




[writer:yamamomo]
| 作品のこと|スチレン版画 | 23:47 | comments(0) | - |
「森の家」(スチレン版画)〜詩画集「この世界への恋文」より〜
岸田真理子さんの作品には、いったいいくつの「森の家」があるのでしょう。今日の作品は、2007年の海月文庫さん企画展“この世界への恋文”のときの詩画集に収められたスチレン版画の「森の家」です。

グループ展、始まってます↓↓


詩と版画がもたらしたモノ
8人による自由な表現

2009年11/19(木)〜11/24(火)
11:00〜19:00*最終日は17時まで
at:海月文庫(くらげぶんこ) アートスペース
*詳しい情報はこちらからどうぞ*



森の家

     

               森の家

           森の家にあるのは 太陽と
           日差しを柔らかくする大きな樹と
           雨のように降るたくさんの緑と
           大きな羽根を生やした 自由な風





おととしの初夏、この「森の家」が訪れていた海月文庫さん。

以前にも書いた通り、古本屋さんです。受付係もうかがうのは今度が初めてなのですが、人から聞く話やホームページからイメージするのは……本気でおもしろいと思った本を、本気で人の日常に届けようとする本屋さん。

アートスペースでの企画展も、それと同一の線の上にあるように感じます。
だから私は海月文庫さんという場所に行けることも、グループ展と同じくらい楽しみに感じているのだと思います。

明後日22日、おじゃまする予定です。

| 作品のこと|スチレン版画 | 23:20 | comments(0) | - |
SUIKA ISLAND[スイカ島](スチレン版画に彩色)
ちょっとお久しぶりの更新になってしまいました。

四国地方、昨日やっと過去2番目におそい梅雨明けが発表されたそうです。
夕方から降りはじめた雨がまだやまない梅雨明け翌日の8月1日ですが、それでも夏が来ます。



SUIKA ISLAND[スイカ島]

    



岸田真理子さんのスチレン版画をこのblogでご紹介するのは、はじめてですね。岸田作品とお付き合いの長い方にはおなじみなのですが。

昨日までの4日ほど、知人のお店の移転を手伝いに行っていました。餅は餅屋で、私はそれほど役に立てません。けれど、何かしたい気持ちがあればできることも少しはあります。
深夜になると私をふくめて助っ人連は思考停止状態、それぞれ仕事を持っているので体力的にがんばらなくてはいけない部分はあったのですが、そこを含めて楽しめる人が集まっていました。

楽しかったです。そんな人たちと、時間を共有できたことが。
色彩に敏感な方なら行ってまちがいなしのお店なので、独身の方やお子さんはまだの方も、高松へお越しの際はのぞいてみてください。

職場で上の人間にお手伝いに行きますと申告したとき、日中の仕事に差し障らないよう注意されると思ったのですが、飲み込んでくれました。そういうことがとてもうれしいです。

そのような梅雨の終わりの4日間。とてもスイカ島的だったなと思います。

朝方帰宅すると岸田さんからお手紙が届いていました。
みなさんにお知らせしたいお話がいくつもあるので、明日以降順々にアップしますね。お楽しみに。


| 作品のこと|スチレン版画 | 23:55 | comments(0) | - |
                                         
| 1/1PAGES |