岸田真理子公式サイト「金星美術館」のblog、“準備室だより”です。作品展のスケジュールなどをお届けします。
サイト運営担当のyamamomoが作品に感じたことや引き出されたことなどを、“見る側”のひとりとして書いたりもしています。

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
記事のテーマ
以前の記事
コメント
                               
立花テキスタイル研究所と岸田真理子さんのこと
去る11月19日、広島県尾道市に「立花テキスタイル研究所」の直営店がOPENしました。
今日の画像はそのご案内はがき、絵は岸田真理子さんによるものです。


  立花テキスタイル 尾道 岸田真理子



「立花テキスタイル研究所」の名前を、はじめて耳にする方のために――

立花テキスタイル研究所は、しまなみ街道のいちばん北の島・向島(むかいしま)の立花地区にあります。しまなみ街道沿線で採れる植物を原料とする、染色の研究をしています。

山野に自生している植物を集めたり、剪定された果樹の枝を使ったり・・・10月に岸田さんのところへ伺った際に研究所を見学させてもらったのですが、そうした原料で染められた糸やショールは、無意識に顔を寄せて匂いをかいでしまうような、有機的な色を持っていました。

岸田さんはふしぎなご縁で、この秋から立花テキスタイルに関わることになり、今後もいろいろとこちらがらみの活動を準備室だよりでお知らせすることになるのではと思います。

あくまでわたし個人の印象なのですが、立花テキスタイルの方たちは“地場産業をおこそう”とか“地域活性をしよう”とか、そういうのとはちょっと違った感性で動いてらっしゃるように見えます。
この土地が好きで、そこにもともとあるたくさんのうつくしいものから何かをつくり出し、それを楽しみながらみんなが生活して行けたらいいでしょう?というような、生きものとしてのヒトから自然発生的に出てきたものが原動力になっているみたいに、わたしには感じられました。

そう書くときれいごとみたいなんですが・・・形は事業。ゼロからつくり上げて行くのは、やっぱり並大抵のことではないんです。ちょっとお話を聞いただけでも、それはわかります。
でも、ごく自然に人のつながりを広げ無理のないはやさで地域に根を張っていきながら、樹木のように“育っている”ような空気があるのでした。

ここから生まれる色や、活動に関わることは、きっと岸田さんの作品の中にも取りこまれていくだろうと思います。


そんな立花テキスタイルの直営店は、島ではなく尾道の商店街の中。
JR尾道駅前から続くアーケードは、昔ながらの佇まいのお店と、アナログ感をだいじにした新しいお店が気持ちよく同居していて歩くのが楽しいところです。
おだやかな海辺リの時間の流れを感じながら、お店まで足をのばしてみてください。
手仕事やものづくりが好きな方でなくても、何かつくってみたい気持ちになる色たちが待っています。


立花テキスタイル研究所 直営店

営業時間:10:30〜18:30[火曜定休]
住所:〒722-0035 広島県尾道市土堂2-6-7
*JR尾道駅より徒歩約12分*
Google MAPはこちら
TEL&FAX:0848-22-5866






[writer:yamamomo]
| 番外編 | 11:34 | comments(1) | - |
「夜の森」と「森の家」ポストカード


次の展覧会↓↓まで、あと2週間。



詩と版画がもたらしたモノ
8人による自由な表現

2009年11/19(木)〜11/24(火)
11:00〜19:00*最終日は17時まで
at:海月文庫(くらげぶんこ) アートスペース
*詳しい情報はこちらからどうぞ*



でも前の作品展からは、まだやっと1週間過ぎたばかり。

次の話もしたいんですが、本日は「前」のほうに関係あるお話。

私が二度目に「メゾン望郷」へ足を運んだとき、
オソブランコさんでは撮影の真っ最中だったと書きました。

そのときの、オブジェ「夜の森」と「森の家」の写真の
ポストカードできました!

…と言っても受付係がつくったわけではありません。
製作は撮影者である写真家の池崎継仁さんです。

池崎さんのサイト「メールオーダー」から注文できます。

「夜の森」と「森の家」は、〈ポストカード〉ページの下のほうに居ます。
2種類です。


池崎さんのポストカードはご本人が仕上がりを調整しているだけに、色も陰影も光も、とてもきれいに出ています。それに、これは人によって好みがちがうでしょうけれど、表面がマットなところがいいです。

岸田真理子さん作品のカード以外にも、これは惹かれるなというものがあったらいっしょにお宅に来てもらってください。
岸田さんが池崎さんの写真を「いとしい」と表現される理由もおわかりいただけると思いますよ。




| 番外編 | 23:51 | comments(0) | - |
岸田真理子さん自身が語る『メゾン望郷』


作品展と連動で始めたここ準備室の“オブジェ月間”も、残すところあと1日。オブジェ展「メゾン望郷」はひと足先に終わりましたが
↓↓↓次の展覧会↓↓↓が、もうすぐ。ほんとに、すぐ、です。


詩と版画がもたらしたモノ
8人による自由な表現

2009年11/19(木)〜11/24(火)
11:00〜19:00*最終日は17時まで*
at:海月文庫(くらげぶんこ) アートスペース
*詳しい情報はこちらからどうぞ*



さて、タイトルに“岸田真理子さん自身が語る”と書きました。

先日終了したオブジェ展「メゾン望郷」を軸に、岸田さんがこれまでのこと・これからにつながる今のことをお話ししているインタビューが、チャンキー松本さんの音声ブログで聞けるのです。

『オチャマンテのお話収集帖』
(チャンキーさん、勝手にリンクを貼らせていただいております。すみません)

チャンキー松本さん・・・私は残念ながらこの方と、正式にお目にかかったことはありません。
ですが大阪在住の3年半ほどの間、行動範囲が似ていたのか首をかしげたくなるほど頻繁にお見かけしていました。

岸田さんとチャンキー松本さんのお付き合いが長いことを知ったのは昨年香川に引っ越してきてから、チャンキー松本さんが香川のご出身であると知ったのは、更にそのあとのことです。

慣用句ではなく、本当の意味で多方面でご活躍されているので、フィールドの全貌を把握しているとは言いがたい私が“○○のチャンキーさん”とまとめてしまうのは慎みたいと思います。
型にはまらないユーモアのセンスがそのまま活きた、ご本人のサイトの中を巡っていただくのがいちばん。

そんなチャンキー松本さん、とても聞き上手でもいらっしゃるということが分かりました。ごく自然に、愉しく岸田さんのことばが引き出されていて聞かないと損なインタビューなので、ぜひみなさんもアクセスしてみてください。ダウンロードしてMP3プレーヤーで聞くこともできるようです。



| 番外編 | 23:58 | comments(0) | - |
金星“写真”館 〜岸田さんがカメラを持つと・・・〜

岸田さんが撮った写真です。

お手紙といっしょに、今日届きました。カラープリンタでプリントしたものだったのですが、スキャニングしてみました。

絵描きさんの目に映る世界を疑似体験・・・








| 番外編 | 23:18 | comments(2) | - |
                                         
| 1/1PAGES |