岸田真理子公式サイト「金星美術館」のblog、“準備室だより”です。作品展のスケジュールなどをお届けします。
サイト運営担当のyamamomoが作品に感じたことや引き出されたことなどを、“見る側”のひとりとして書いたりもしています。

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
記事のテーマ
以前の記事
コメント
                               
木村忠太のお話の続き
昨年の12月に、木村忠太の作品を知って強く感じるものがあったことを、書きました。

この香川県出身の洋画家について、わたしは何の予備知識もなかったのに、美術館の展示室に入った瞬間にその作品に惹きつけられたのはどうしてだろう。
展示室の一角にかけられた作品に近づきながら、岸田真理子さんの絵のことが浮かんできたのはどうしてだろう。描かれているのはフランスの風景なのに。

その手がかりみたいなものを見つけたくて、もっとたくさん木村忠太の作品を見たい、とずっと思っていました。地元の高松市美術館も30数点の作品を所蔵しているのですが、どうやら当分の間、展示の予定はなさそう。

そこで、ネットオークションで過去の企画展の図録を買いました。
1994年、東京国立近美での「木村忠太展」のものです。



木村忠太図録 東京国立近美



画集は高価で手が出なかったので、図録にしました。
でも役不足ということはなかった。作家について書かれた文章や年譜も載っていて、手がかりをもらえたような気がします。

これはあくまで個人的で、勝手な解釈であることをはじめにおことわりしておきますが――
作品の生まれ方が、木村忠太と岸田さんは限りなく近い、というのが“どうしてだろう”の答えのように思いました。

作品の生まれ方。

見知ったこと・知識のおよぶものを取り込んで作品にしていくのではなくて、うつくしい事象や描きたいものだけをとらえるのではなくて、ふれることのできる世界につながっている時間や混沌や宇宙まで感じとる。
感受性を丸ごと、裸のままで宇宙の中に置く。すべての力を感じることにかたむける。ひたすら耳をすます。

木村忠太という人はそうやって絵を描いていたのだろうと、わたしは思うのです。

うつくしく、調和して、祝福があって、音楽が聴こえる。
絵を見ているときの感じを書こうとしてもうまく表現できないのですが、光を描くというのはこういうことなのかな、と感じたりもしました。
光って明るさの結晶みたいなものではなくて、あらゆるものを含み肯定したものなのかな、と。

作品を見ている“ただの人”であるわたしは、絵の世界へ「思いを馳せる」のではなくて、絵描きのたましいを借りて、絵描きが感じた宇宙をそのまま感じ、絵描きが聴いた音楽をそのまま聴くことができます。

木村忠太と岸田真理子さんは別々の存在ですから、作品を見比べて何かを見出そうとすることに、あまり意味はないと思います。
ただ、作品の前に立つと同じ光を感じて、同じ音楽が聴こえてくるので――きっと、同じところからやってくるのだろうと、そう思います。



[writer:yamamomo]
| yamamomo日記 | 23:47 | comments(2) | - |
行ってまいりまーす
↓ 広島での個展、「桜」展は会期後半・「森へ」展は明日スタート。グループ展も開催中 
岸田真理子 作品展 〜桜〜
 2010年4/1(木)〜4/30(金)

 9:00〜18:00  *月曜休み*
 at:ギャラリーカフェ Petit Point(プチポワン) 〈詳細はこちらから〉

岸田真理子 作品展 〜森へ〜

  2010年4/18(日)〜4/24(土)

 13:00〜17:00  *初日のみ15:00会場です*
 at:日本キリスト教団 松永教会 〈詳細はこちらから〉
 
グループ展「桃の咲く頃」 25日までです。
※主催の木工房かくれんぼさんへジャンプします


 [
5月は奈良で個展があります


yamamomo、またまた広島遠征です。

今回は福山・松永教会の「森へ」展のみの予定だったのですが、前回の投稿で“木工房かくれんぼさんでのグループ展「桃の咲く頃」は足がないのでがまん…”という内容のことを書きましたら、連れて行ってくださる方が現れました!

というわけで、本日17日(土)は「桃の咲く頃」展、明日18日(日)は「森へ」展のオープニングです。なんて贅沢な週末でしょう。
(あっ! 「森へ」展のスタート曜日が昨日まで間違えてたではないですか!
 すみません。今気がつきました…明日18日、日曜日からです)

出発直前にポカを発見して動揺しておりますが、そろそろ出かけなくては。
明日の夜には帰ってきますので、また様子をお伝えしますね。


[writer:yamamomo]
| yamamomo日記 | 05:53 | comments(2) | - |
また出ました・・・
カーネルパニック(Macの不具合)です・・・

10日間何事もなかったのですが。
また先日のような症状に陥らないとも限らないので、前もってお知らせしておきます。

更新が止まってしまうようだったら、タイヘンなことになってるらしいと思ってくださいませ。

公式サイトの作業、オープンできるまであと一歩なのに(涙)
バックアップ取りつつ慎重に続行しまーす。

| yamamomo日記 | 16:53 | comments(0) | - |
木村忠太の感じと

ちょっとした用事をいくつか片付けたり、図画工作(?)したり、人に会ったり、ひさしぶりにサンパツにいったり・・・わたしにしてはめずらしく、師走らしい週末でした。

で、今日おじゃましてきたお店で招待券をくださったのでいそいそと久しぶりの高松市美術館へ。企画展のほうはコンテンポラリーアートで、わたしはあまり得意ではないのでノーコメントでご容赦いただきます・・・が、常設展がとてもよかったです。

半分が香川県ゆかりの洋画家作品、半分が香川の伝統工芸の漆器の展示でした。

実は、おとなになってから猪熊弦一郎を見たことがないままだったわたし。
はっきりとした声で人を呼び止めるような力を持った絵なのに、謙虚でした。それを一個人として、作品の前に立って実感していることはやはり歓びでした。

そして、今まで出会いがなかった洋画家木村忠太。
もう少しことばが整理できてきたら別の機会に書きたいと思うのですけれど、彼の作品を見ているときに受ける感じ(無意識の部分が刺激されて、連れ出されていくような感じがしました)には、岸田真理子さんの作品----特にペインティングの作品を見ているときの感じを、私に思い出させたのでした。
絵として似ているとか、そういうことではないのですが今までにないことだったので、とても印象に残りました。

 ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

高松市美術館は、家族で香川に住んでいた小中学校の頃に、度々連れて行ってもらった美術館です。

おととい、わたしの家族の身近にかなしいできごとがありました。
わたしにできることは何もないのですが、かなしみの深さが、長く共有されてきた時間がみなにとってしあわせなものであったことの証であるはずだと信じます。
わたしの時間もわたしの家族を通じてそこに結ばれているから、何も言えなくても心はそちらへ向けて、ここに居ます。





| yamamomo日記 | 23:49 | comments(0) | - |
あさってに。


22日に尾道に行くことにしました。
今度こそ、ほんとに行きます。



岸田真理子の版画と言葉展
2009年9/1(火)〜9/26(土)
9:00〜18:00*月曜休み*
at:ギャラリーカフェ Petit Point(プチポワン)
*詳しい情報はこちらからどうぞ*



尾道は・・・坂と、階段と、井戸の町のようです。



*画像は尾道観光協会のサイトから

惹かれます。
こういう土地で岸田真理子さんの作品を見たら、どんな風に感じるのでしょうか。ここに住みたくなったらどうしよう。


風景でも、色彩や造形でも、心からうつくしいと感じるものを見たとき、自然に「きれい」ということばが口からこぼれます。
けれど、そのうつくしさを成り立たせているものに思い至ったとき、そしてそれがなぜ“自分に”響くのかを知ったとき……第三者に向かっておいそれと「きれいです」とは言えなくなるものではないでしょうか。

そこを超えて、ひとりでも多くの人に届けたいと思わせるうつくしさが、プチ・ポワンさんでひっそりと待っています。


前回の投稿で「ていねいに書きたい」から次回にと言ったお話、ごめんなさい、もう少し後にさせてください。私にとっては、岸田真理子さんの作品のことを書くうえで、象徴的とも言えるエピソードなので。


| yamamomo日記 | 23:28 | comments(0) | - |
中国新聞に掲載された記事です


作品展が始まって2度の海を渡れない週末を過ごした受付係ですが、元気が出ることがありました。



岸田真理子の版画と言葉展
2009年9/1(火)〜9/26(土)
9:00〜18:00*月曜休み*
at:ギャラリーカフェ Petit Point(プチポワン)
*詳しい情報はこちらからどうぞ*



岸田真理子さんの展覧会が開催されている尾道の隣町・福山のIさんが、中国新聞に掲載された記事を送ってくださったのです。

 《中国新聞掲載記事》

   

今月になって岸田さんから届いたお手紙に、私が「これは落ち着いてていねいに書きたい」と思った事柄が書かれていました。
実は、その事柄のキーパーソンが福山のIさん。私は記事を送っていただいたあとでそのことを知りました。

うれしくなって、元気がでました。

“その事柄”のお話はほんとうにていねいにしたいので、次回までもうしばらくお待ちいただければと思います。

| yamamomo日記 | 03:16 | comments(0) | - |
むむ。


投稿タイトルをどうしようか迷ったのですが・・・
「敗北宣言」ていうのはちょっと、ですよね。

何のことかと言うと、やっぱり今週も尾道行けません。なのでした(涙)

岸田さん、果樹園のYさん、尾道の依子さん・Mさん、準備室だよりを見てくださってるtsuguさん、chibiさん初めたくさんのみなさま。

やまもも、もうちょっとがんばります。来週こそ!

というわけで、身動き取れない受付係の泣き言でしたが作品展はしっかり開催中ですよー。身動き取れる方はどうぞどうぞ、楽しんでらしてくださいね。



岸田真理子の版画と言葉展
2009年9/1(火)〜9/26(土)
9:00〜18:00*月曜休み*
at:ギャラリーカフェ Petit Point(プチポワン)
*詳しい情報はこちらからどうぞ*




岸田真理子さんからいただいたお手紙に思ったことを、前回に続いて。

今回の作品展は、岸田さんのお友だちで尾道に移り住まれた方のご縁から実現したもの。長いあいだ岸田さんの作品を見続けていて、今は尾道でご活躍の方が他にも数人いらっしゃいます。

お手紙の中で岸田さんは、お友だちの力をフル活用させてもらっていてとてもありがたいと書いていらっしゃるのですが、私はそこに、作品の力をあらためて感じます。

知り合いが作品を発表するから一肌脱いでやろう、という感覚では不特定多数の人に向かって、あるいはよく知っているけれどとても親しいわけではない人に向かって“ぜひ見てほしい”という信号を送り続けることはできません。

自分自身が本当に共鳴したものでなければ、できません。
このblogもそうです。

作品を通じて生まれた、岸田さんと人とのつながり。
そのつながりから起こっている、新しい土地での新しい動き。
離れているけれど、私もそこにつながっています。
まだ会ったことのない方と、同じ流れの中にいるのだと思います。

人がそれぞれ体の中に持っている水脈を
生命の進化のようにおだやかな速度で
いつの間にかひっそりと通い合わせていく。

そんな力が、岸田真理子さんの作品にはあります。

| yamamomo日記 | 03:28 | comments(3) | - |
決めました




↓↓↓ただいま開催中です。


岸田真理子の版画と言葉展
2009年9/1(火)〜9/26(土)
9:00〜18:00*月曜休み*
at:ギャラリーカフェ Petit Point(プチポワン)
*詳しい情報はこちらからどうぞ*




みなさまこんばんは。
近ごろ業務怠慢気味・・・の受付係です。

いそがしさは依然変わらずですが、今週に入って混乱がかなり解消され「ヨシこの週末に尾道行くぞ!」と決意した10日(木)、岸田さんからお手紙が届きました。

10日からしばらく、アトリエのある香川の果樹園にいらっしゃるとのこと。

揺れました。
岸田さんご本人からも、尾道展のお話を聞きたい。でも今週見送って来週・再来週に行けるかどうかわからない。
ジレンマの末、日帰りになりますがこの土日のどちらかで尾道に行くことに決めました。

来週後半からは岸田さんもまた尾道に戻られるそうなので、その頃に行けたら受付係は二度目の尾道行きをするつもりです。

あ、けして岸田さんの追っかけをしてるわけではありませんよ。
遠方だとなかなかできませんが、作品展や美術展は二度三度と足を運ぶとまたよいのです。作品と面識ができると、はじめましてのときとは違う対話があると言いましょうか。

それに尾道は、どうやら私にとってじっくり触れておかなければならない土地のようなので。


絵描きさんに会ってもどうしていいか分からないというシャイな方は、この隙にPetit Pointさんへ(笑)
遠方からの方は長時間滞在で、お近くにお住まいの幸運な方は、どうぞ何度でも。

いつも言ってますが、感想とか解釈とかは必要ないのです。ただ感じに行きましょう。


今日はこの辺で・・・続きはまた明日にでも。


 


(この犬いいでしょう? 岸田真理子さんオリジナル一筆戔から取りました)

| yamamomo日記 | 01:35 | comments(0) | - |
空のミモザ・山のミモザ


「SEASON'S GATE・約束の扉」展に、「空のミモザ」と「山のミモザ」というふたつの作品がありました。

画像がなくて申し訳ないのですが、ミモザの星のような黄色のほかには、彩度がひかえめの色をごく限られた数だけ使った作品でした。色数が少ないのにとてもたくさんの色がこらえきれずにあふれてくるようでした。
これもまた、岸田さんの色の力です。

ふたつのうち、「空のミモザ」はこのblogを読まれた方のもとへ嫁いでいったそうです。じっくり考えながら、「私にはこの絵」と選ばれたとのこと。
だれかの評価を拠り所にするより、絵と自分との個人的な関係をむすんでほしいと願っている私にとって、うれしいうれしいエピソードでした。

  *  *  *  *  *  *  *

今日の画像は、そんな作品が生まれるきっかけになったミモザの樹の、花ざかりの頃を撮ったものです。

戦後の混乱期に農地になってしまった神社の土地を、鎮守の森に戻すために
買い取った人がいて、そこに植えられています。山の土と四国の太陽とすてきな人に育てられ、4年ほどでとても大きな樹になりました。



本日のおまけ・・・
他人様の日記ですが、こちらで岸田さんの作品が1点みられます(きれいな画像です!)。

tsuguさんはyamamomoの恋敵かもしれない、と思う今日この頃。うらやましい。

| yamamomo日記 | 23:52 | comments(2) | - |
ちょっと出かけてきます


今日から5日まで、両親の住む金沢へ行ってきます。

金沢は父親の出身地(+yamamomo本籍地)でありますが、住んだことはなく遊びに行ったこともほとんどなく・・・30数年流浪した父親が一昨年ふるさとに戻ったので、yamamomoにとってこの街は“両親の家があるところ”。帰省というより「親に会いに行く」感じです。

実家を出て足掛け10年、父親母親に顔を見せるために腰をあげるのはこれが3回目。出張のときに泊めてもらったとか、親の引っ越しを手伝いにいったとかいうのを入れても5回目。
年中無休状態の仕事を続けていたせいもありますが、なんたる親不孝ぶり!
その間に3度も転居した親も親ですが。

父の仕事(自営業でマーケティング関係の仕事をしています)を手伝ってほしいというのをけとばして四国に引っ越してきてしまったので(ごめんなさい。。)、これからはちゃんと顔を見せに行こうと思うのでした。


交通手段は、神戸まで船、大阪から高速バスで金沢へ。
大阪を経由するということは・・・
そう! 昨日から御堂筋ではじまった「おーらいの100枚展と9人の作家展」に行けちゃいます! なんてうれしいオプション付き。

yamamomoが大好きな写真家tsuguさんの昨日のblogをのぞいたら、岸田真理子さんと「おーらいの100枚展と9人の作家展」にご一緒された由。いいなぁ。

tsuguさんの撮る写真はほんとうにすてきです。専門的なことは分かりませんが、視点とコンポジションにとてもとても心惹かれます。未だご本人にはお目にかかれず、元町の作品展でもニアミスでした。
ぜひぜひ、岸田さんとのコラボレーション再びを実現していただけたらと願います。

さてさて、そろそろ出かけなくては。
みなさまもすてきなGWをお過ごしください。

| yamamomo日記 | 08:44 | comments(2) | - |
                                         
| 1/2PAGES | >>